結構高額な商品を購入した際に、ローンを組み立てて少しずつ返済するケースです。
Bookmark / SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加

欲しいものはローンで買って上手に返す!

今回のサイト内容と致しましては、「支払いとローン」もしくは「ローンの組み立て」というテーマをお題にして日本の社会の中での様々な物事や世間一般のあらゆる概念について検証の記述を施していきたいと思います。
一言で「支払いとローン」とか「ローンを組み立てる」と言ってみたところで、ローンを組み立てる際にどのような商品や品物を購入するかによってローン自体の支払い方やその後数ヶ月から数年の間の事情の部分が大きく異なってきます。
例えば、ローンによる支払いを活用するケースやパターンとして住宅やマイホームを購入するケースもあれば、自動車やマイカーを購入するケースもあると思います(マイカーという表現は、もう古いでしょうか?)。
どのような品物を購入して、どのような形でローンを組み立て、どのような期間でトータルいくらの金銭を支払うか?という事情は各自異なってもローンによる支払い方法を活用したり商品購入の際にローンを組み立てる時点で、その商品の金額を一括で支払うことが少々難しいという点は皆共通していると思います。
個人的には「最終的には全部支払ってしまうから経済的には同じだよ」という感覚もあるのですが、業者さんや店舗側の事情としては全ての料金を一括で支払ってくれる方が安心感があるようです。
仮に商品を納めたとしても、その後の生活の中で料金の返済能力が欠落してしまう可能性も否定できませんし、万が一残りの料金を取り逃してしまうと業者や店舗側の立場としては大赤字になってしまうことを考えると、その事情も頷けます。
しかし、商品が全く売れない。
または、売れても本年度の上半期や下半期の売り上げ目標を大きく下回ってしまうケースも当然業者もしくは店舗側の立場では大きな赤字となってしまいます。
つまり、ローンによる支払い方法であったとしても「店舗に残っている在庫は売れてナンボ」という意味なのでしょう。
ローンや支払いについての続きの文章を次項に繋げてみたいと思います。
消費者金融。あなたのキャッシュプランに合わせて選べます。